タウンライフ不動産売買 不動産一括査定サイトのリアルな口コミ評判まとめ

「タウンライフ 不動産売買は利用満足度NO.1にも選ばれているようだけど使いやすいの?」
「タウンライフ 不動産売買で一括査定をすると営業電話があるらしいけど、本当?」

昨今、不動産売却については不動産一括査定サイトがどれぞれの特徴を作り出して競争を行っています。タウンライフ 不動産売買もその中の一つであり、アンケート調査で「利用満足度NO.1」「使いやすさNO.1」「薦めたいサイトNO.1」を達成しています。

このようなタウンライフ 不動産売買ですが、実際のところ使い勝手はどうなのでしょうか。

今回の記事では、タウンライフ 不動産売買の強み弱みを解説し、どんな人に向いた不動産一括査定サイトかを紹介していきます。

ここで記事の結論を述べると、タウンライフ 不動産売買は独自の相談サービスを行っているため、不動産会社以外の第三者に相談しながら査定および売却を進めたい人におすすめの不動産一括査定サイトです。

この結論を根拠づけるために、記事では各事項について詳しく解説していくので確認してみてください。

また実際の査定手順もキャプチャ画像付きで解説していくため、タウンライフ 不動産売買で査定してみようかなと考えた際はすぐにでも査定を実行することができます。

不動産一括査定サイトのタウンライフ不動産売買ってサイトどんなサービス?

タウンライフ不動産売買も他の不動産一括査定サイトと同様に、簡単かつ短時間の操作であなたの不動産についての査定額を複数の不動産会社から出してもらうことができるというものです。

この仕組み自体はどのような不動産一括査定サイトであっても原則として変わりません。

その中でタウンライフ 不動産売買は、

  • 利用者のサポート体制
  • 情報管理のしやすさ

に特徴のあるサイトということができます。

不動産会社

実際に不動産の売却を考えるのであれば、なるべく高く売りたいというのが正直なところでしょう。そのため現代において、一度に複数の不動産会社から査定額を得ることのできる不動産一括査定サイトの利用は必要不可欠といって過言ではないでしょう。
同時に複数の不動産一括査定サイトを使ってもいいの?

不動産オーナー

不動産会社

もちろんです。各サイトはそれぞれ登録している不動産会社が違うため、複数のサイトを使うことでより多くの査定結果を得ることができます。
ただし複数の不動産会社とやりとりをする手間もかかるため、はじめは5社前後にしぼると良いでしょう。

またタウンライフ 不動産売買では、ビルや農地の査定も行うことができます。他のサイトが住宅特化型でることが多い中で、これもタウンライフ 不動産売買の特徴ということができるでしょう。

タウンライフ 不動産売買は査定対象不動産会社が幅広い

先ほども軽く触れましたが、タウンライフ 不動産売買は査定対象となる不動産会社の幅が広い点に特徴があります。

具体的に、以下のものについて査定することができます。

タウンライフ 不動産売買の幅広い査定対象
  1. 住宅(レジデンス)
  2. 区分所有ビル
  3. 店舗
  4. 工場
  5. 倉庫
  6. 農地

このようにタウンライフ 不動産売買は、他の不動産一括査定サイトでは査定することができなかったものについての市場価格のヒントを得ることのできる可能性を持っています。

不動産一括査定サイトのタウンライフ不動産売買の4つの強み

タウンライフ 不動産売買の4つの強み

それでは、ここからはタウンライフ 不動産売買の強みについてみていきましょう。

不動産一括査定サイトというと、どれも同じように感じてしまいますが、実は細かな違いや得意分野があります。そのため、それらを知ることで所有物件をより適切な条件で売却することができるのです。

ここではタウンライフ 不動産売買の以下の4つの強みについて解説します。

タウンライフ 不動産売買の4つの強み
  1. 登録不動産会社は厳選された300社以上
  2. 対象不動産が幅広い
  3. サイト独自のサポート機能あり
  4. 査定書はメール・郵送・FAXに対応

では、それぞれについて詳しくみていきましょう。

登録不動産会社は厳選された300社以上

タウンライフ 不動産売買の登録不動産会社数は300社以上となっています。

これは1,000社を超える会社を登録している不動産一括査定サイトもある中で、少なめであるということができます。しかし、中には6社しか登録していないものもあり、トップクラスに少ないとまで言うことはできません。

会社のラインナップとしては、大成有楽不動産販売株式会社やセンチュリー21といった大手に加えて、中堅どころが豊富です。そのため大手のネットワークを活かした全国査定と、地元密着型の査定を両立させている印象です。

不動産オーナー

結局、登録されている不動産会社数は多い方がいいの?
それに一概に答えることができないのが不動産査定の難しいところです。
不動産会社にはそれぞれ得意とする地域や物件があるため、要はあなたの所有物件に最も適した1社さえ登録されていれば良いためです。そのため「登録会社数が多い=優れた一括査定サイト」とはならないのです。

不動産会社

対象不動産が幅広い

先ほども触れましたが、タウンライフ 不動産売買は査定の対象となる不動産が住宅のみならず、店舗から農地までと幅広くなっています。そのため住居付属型店舗などの複雑な不動産であっても、高い確率で査定を得ることが期待できます。

これは他のサイトに負けないタウンライフ 不動産売買の強みということができるでしょう。
ただし、全ての店舗や農地について必ず査定できるというわけではない点に注意が必要です。

結局のところ、登録不動産会社が査定できないものについてはサイトとしても査定結果を出すことができないという構造上の限界があるのは他のサイトと同じです。

サイト独自のサポート機能あり

タウンライフ 不動産売買の強みの中で異彩を放つのが、独自の相談サービスを展開している点です。

通常、一括査定サイトは利用者に複数の不動産会社からの査定額を提示するのみで役目を終えますが、タウンライフ 不動産売買は売却についての相談を受け付けているのです。

そのため、あなたとしては査定を依頼した不動産会社以外の第三者にも相談ができる環境を手に入れることができます。不動産会社は一般的に自社の不利益になることを言わないため、第三者の立場にある相手に悩みを聞いてもらうことができるのは大きなメリットでしょう。

査定書はメール・郵送・FAXに対応

最後の強みは、査定結果を以下の3つの中の好きな方法で受け取ることができるという点です。

査定結果を受け取る3つの方法
  1. メール
  2. 郵送
  3. FAX

査定結果をメール画面ではなく、書類として手元に置きたいという場合に嬉しいポイントです。

それこそあなたがインターネットに疎い両親のために査定したような場合は、メールよりも書類で結果が届いた方が役に立つでしょう。

地味ながらもタウンライフ 不動産売買ならではの痒い所に手が届くサービスということができます。

不動産一括査定サイトのタウンライフ不動産売買の2つの弱み

タウンライフ 不動産売買の2つの弱み

このように個性的な強みを持つタウンライフ 不動産売買ですが、以下のような弱みも確かにあります。

弱みについては、後から大きなデメリットに感じることもあるため、利用する前にしっかりと確認しておきましょう。

タウンライフ 不動産売買の2つの弱み
  1. 営業の電話とメールが多い
  2. 登録不動産会社数が十分ではない

以下ではそれぞれについて解説していきます。

営業の電話とメールが多い

後述する口コミにも表れますが、タウンライフ 不動産売買は他のサイトと比較して査定後の営業電話および営業メールが多い傾向があるようです。もちろん査定を依頼した不動産会社にもよると思いますが、タウンライフ 不動産売買を利用する際は一定の営業を受けることを覚悟しておくべきです。

一般的に不動産一括査定サイトを利用する目的は「今すぐ売却したいわけではないけれど、とりあえず自己所有物件の売却価格相場を掴みたい」というものでしょう。そのため、あまりに営業電話がしつこい場合は上述したタウンライフ 不動産売買独自の相談サービスで相談するのがおすすめです。

登録不動産会社数が十分ではない

前述したとおり、タウンライフ 不動産売買の登録不動産会社数は300社以上であり、これは多いということはないですが極端に少ないというわけでもないといったレベルの数字です。そのため地方の物件を査定する際には、十分な数の査定があがってこない恐れがあります。

首都圏の物件であれば5社から査定額があがってくるものが、地方のものだと2社からしかあがってこないという場合が確かにあるのです。そのためタウンライフ 不動産売買で十分な査定結果を得ることができなかった場合は、他の不動産一括査定サイトの利用を検討する必要があります。

タウンライフ不動産売買は相談サービスを有効活用できる人におすすめ

ここまでタウンライフ 不動産売買の強みと弱みを確認しましたが、どのような印象を受けたでしょうか?あなたが求めている不動産一括査定サイトの条件を満たしていましたか?

以下では、タウンライフ 不動産売買が向いている人と向いていない人についてまとめてみます

タウンライフ 不動産売買が向いている人
  1. 一括査定サイトの利用が初めてなので、相談しながら査定を進めたい
  2. 住宅以外の不動産の査定をしてほしい
  3. 査定結果を郵送またはFAXしてほしい

一方で以下のような人にすまいタウンライフ 不動産売買は向いていません

タウンライフ 不動産売買が向いていない人
  1. 大手不動産会社のみに査定をしてほしい
  2. 営業の電話およびメールは一切ほしくない
  3. 地方の郊外にある住宅を査定してほしい

タウンライフ 不動産売買は独自の相談サービスを提供し、また査定結果の郵送などを行っているため比較的個性のある一括査定サイトです。そのため、その個性があなたのニーズと合致したときは強くお勧めできます

一方で、営業電話およびメールが多いというデメリットがあるため、それに我慢がならない人には不向きということができるでしょう。

また地方郊外の住宅を適切に査定できる不動産会社は、やはり地元密着型のものである場合が多いため、登録会社数が300社と決して多くないタウンライフ 不動産売買は方郊外の住宅の査定を苦手としている場合があります

これらの向き不向きをよく検討し、タウンライフ 不動産売買を利用するか否か考えてみてください。

不動産一括査定サイトのタウンライフ不動産売買の評判・口コミ

タウンライフ 不動産売買の評判・口コミ

ここまでタウンライフ 不動産売買の実態がわかってきたでしょうか。
似たような特徴の不動産一括査定サイトが多い中で、独自のサービスを展開している点は魅力的です。

それでは実際にタウンライフ 不動産売買を利用した人はどのような感想を持ったのか。
ここではタウンライフ 不動産売買についてのポジティブな口コミネガティブな口コミをまとめてみます。

はじめにポジティブな口コミについてチェックしていきましょう。

ポジティブな口コミ

    Aさん

    名古屋の中古マンションを査定したところ、他のサイトよりも多くの査定が出てきた。東海地方に強いのかもしれない。

    Bさん

    タウンライフ 不動産売買に相談できる点が良かった。不動産会社とのやりとりのコツを教え、売却まで任せることのできる会社を見つけられた。

    Cさん

    はじめて一括査定サイトを利用したが、ものの1分程度で入力が終わり、すぐに査定額を知ることができて驚いた。今後のライフプランを立てる役に立った。

    Dさん

    ちょうど査定額を郵送でほしいと感じていたので、一番最初にタウンライフで一括査定をしてもらいました。郵送も迅速で満足です。

続いてネガティブな口コミもみていきましょう。

ネガティブな口コミ

    Aさん

    営業のメールが一日に何件も届いてうんざりした。営業のせいで売却に集中できないのが嫌だ。

    Bさん

    地方物件だったせいか、査定できる会社がなかった。もっと大きな一括査定を使おうと思う。

    Cさん

    営業の電話がとのかくしつこい。住み替えを検討していたが、売却前に分譲マンション見学の誘いをされても困る!

    Dさん

    査定を依頼したが、それほど価格の開きもなく想定内の結果だった。それならわざわざ個人情報を提供して査定してもらう意味もないと感じる。

やはりタウンライフ 不動産売買は営業が多い点にネガティブな口コミが多く寄せられています。極端な例ではあるのでしょうが、中には1日に何度もメールが届く場合すらあるようです。

あまりにしつこい営業は、売却の意思すらも枯らしてしまうため注意が必要ですね。目に余る場合はタウンライフ 不動産売買の相談サービスを積極的に利用していきましょう。

それに対して、ポジティブな口コミとしては意外な地域で多くの査定結果を得られたものや、相談サービスに対するものが寄せられています。

タウンライフ 不動産売買を使いこなすためには、やはり相談サービスの利用が一つのカギを握るようです。

タウンライフ 不動産売買での不動産会社売却を追体験しよう

タウンライフ不動産売買の体験談

口コミからタウンライフ 不動産売買の実態が見えてきたところで、次はホームページにある体験談を利用して、タウンライフ 不動産売買での不動産売却を追体験してみましょう。

あなたが実際に住宅を売ろうとする場合を想定しつつ読んでみてください。

神奈川県のHさんがタウンライフ 不動産売買の利用にいたる背景は以下のとおりです。

背景事情
  1. 夫の転勤でマンションを手放すことになった
  2. 不動産会社売却に関する知識は特になかった
  3. 調査を進める中で、夫婦の希望売却額に近い価格を提示してくれる不動産会社がいいと思い始めた

どんな会社であっても不安定な現代においては、配偶者の急な転勤でマンションを売却する必要が出てくることも珍しくありません。それこそ購入当初は一生住み続けることを想定していた場合であっても、不測の事態から迅速な売却が必要となることはあり得るのです。

Hさんもまさにそのような状況で、自宅マンションの売却にとりかかりました。無知な状態からコツコツとインターネットで調査を進め売却希望価格は自分たちで決めて良いということを知ります。

そして、タウンライフ 不動産売買で一括査定を行い4社から以下の結果を得ます。

出典元:https://www.town-life.jp/

注目すべきは査定額の幅でしょう。

なんとそこには530万円の開きがあったのです。

530万円といえば、新しい住宅の頭金に十分なり得る額です。このようにどこの不動産会社に売却を依頼するかによって、最終的に得られるお金が数百万円単位で変わる場合があるのです。

このように無知ながらもコツコツと自ら調べることを続けたAさんは、希望金額に近しい2,850万円で築14年3LDKの物件を売却することができました。立地が神奈川県であることを考えても、素晴らしい結果ではないでしょうか。

不動産一括査定サイトのタウンライフ不動産売買での査定手順

記事も終盤ですが、ここではタウンライフ 不動産売買の実際の査定手順をキャプチャ画像付きで紹介していきます。

まずは以下のとおり5つの手順の全体像を確認しましょう。

  • STEP.1
    「物件種別」等を入力して「依頼スタート」をクリック
  • STEP.2
    「査定物件の情報」を入力
  • STEP.3
    「お客様情報」を入力
  • STEP.4
    査定を依頼する不動産会社を選択
  • STEP.5
    「一括取り寄せ依頼をする」をクリックで完了

それでは、以下ではキャプチャ画像とともに5つのステップをみていきましょう。

まずはタウンライフ 不動産売買のホームページにアクセスします。

ステップ1では、以下の4つを選択します。

・物件種別
・都道府県
・市区町村
・エリア

そして「不動産売却計画書の作成依頼スタート」をクリックします。すると以下の画面にうつります。

ステップ2では、査定する不動産会社の情報を入力していきます。

また画像に紫色で示した「ご要望」の欄には、あなたがこの度の売却に求めるものを細かく記載してください。そして、下にスクロールします。

ステップ3では、あなたの情報を入力していきます。

ポイントは紫で示した「お届け方法」で、ここで査定結果の受取方法を入力できます。画面では「メール」にしていますが、書類でほしい場合は郵送もしくはFAXを選択しましょう。

ステップ4では、画面に現れた不動産会社の中から査定を依頼したいものを選択します。

表示される会社は、査定物件の場所や種類により数が異なるので、3~5社程度を選ぶと売却価格の相場を得ることができるはずです。

ステップ5では、「不動産売却計画書の一括取り寄せ依頼をする」をクリックして完了です。
これで、選んだ方法によりあなたのもとに査定結果が届きます。

タウンライフ 不動産売買を利用する際の注意点

タウンライフ 不動産売買を利用する際の注意点

このようにタウンライフ 不動産売買は簡単に複数の会社から査定額を得ることができます。しかし、利用の際は以下の2つの点に注意しましょう。

2つの注意点
  1. 不要な営業電話はきっぱりと断る
  2. 地方物件で価格に開きがない場合は他のサイトの利用も検討

はじめにネガティブな側面として何度も上がっている営業についてですが、こちらは最初の電話できっぱりと「不要です」と断る姿勢を持つことが大切です。不動産会社も電話を1本するために時間的なコストをかけるため、「これはいくら押しても完全に無理な相手だ」と思う人物には営業をかけません。

つまり電話口できっぱりと断ることができず「今ちょっと忙しいので…」「考えてみます…」という曖昧な態度をとることが何度も営業を受ける隙になるのです。タウンライフ 不動産売買を利用した際の営業に不安がある場合は、まずはきっぱりと断る姿勢を改めて確認しておきましょう。

一般的に地方の物件ほど取り扱うことのできる不動産会社は少なくなり、また査定額にも幅が出てきます。

地方の物件については、一つの地方に多彩なコネクションを持つ地元密着型の不動産会社であれば2,000万円で売却できるのに対して、主特権を中心にノウハウを積み上げてきた全国展開の不動産会社は100万円でも売却することができないということがあり得るのです。

そのためタウンライフ 不動産売買で地方の物件を査定し、複数の会社から査定額が出てきたにもかかわらず、価格差に開きがない場合は念のために登録会社数の多い一括査定サイトも利用してみることをおすすめします。

最後に「媒介契約」について

不動産一括査定サイトを活用する目的として、まずはおおよその査定額を知ること、それから、実際に不動産の売却を進めていくための「不動産会社(=買主を見つけてくれるパートナー)」を見つけることです。

これから不動産一括査定を行い、その後 実際に不動産の売却を行う流れに移行した際は目ぼしい不動産会社と協働作業が必要になります。そのようになると、「媒介契約」を交わしていくことになります。

この「媒介契約」には主に3つの種類があります。

  1. 一般媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 専属専任媒介契約

それぞれわかりやすくメリットデメリットで解説していきます。

一般媒介契約

「一般」という文字からもわかるように、多くの場合に利用される一般的な契約方法です。
この契約では、売主はどの不動産屋にでも自由にマンション売却のお願いをすることができ、お願いはいつ取り下げても大丈夫。知り合いや身内からの紹介で売主を見つけてきても構いません。

複数の不動産会社に売却依頼をしても、自分で見つけた買主と取引してもOK。

その分、締結会社の本気度は低くなる恐れがある。

専任媒介契約

「専任」は一般媒介契約と比較して、自由が少し制限される契約です。
具体的には、専任媒介契約を不動産会社と結ぶと、その業者はレインズ(指定流通機構)という不動産業者だけが参加しているネットワークシステムに、売却予定の不動産を登録しなければなりません。この登録は、専任媒介契約を結んでから7営業日以内に限ります。

また売却依頼者(売主)に対する、定期的な売却活動状況の報告も義務です。これらの決まりごとを守らない業者は、宅建業法違反ということになります。

専任媒介契約には期限があり、3ヶ月が最長で自動更新はありません。これより短い期間でも問題はなく、依頼者が再び仲介業務をお願いしない限り、強制的に契約期間は終了します。

他の不動産会社との媒介契約の締結ができなくなる。

不動産会社同士の競争を心配せずに売却に取り組むことができるため、締結会社の本気度は高くなる。

専属専任媒介契約

専任媒介契約に「専属」が追加されました。「専属」となると、専属料理人や専属秘書をイメージすることもできます。つまりは、売主(自分)だけのために動いてくれる契約です
ただし、売主だけのために動く契約と言っても、実際のところは売主に自由はありません。

一般媒介契約や専任媒介契約の場合には、自ら売主を見つけることができました。しかし専属専任媒介契約は、契約をした不動産会社が探してきた買主としか売買契約ができないのです。もちろん売却金額や条件に納得できず断ることも可能ですが、マンションを売却するときには必ず専属契約をした不動産会社を通す必要があります。

専属料理人や専属秘書のイメージとは全く違う仕組みなので、ややこしく感じるでしょう。契約期間に関しては、専任媒介契約と同じく3ヶ月です。

この契約の大きなデメリットは、不動産業界の悪しき慣習で「囲い込み」が起こりやすいということ。仲介会社が売主と買主の両者から手数料を取りたいがために、ほかの不動産屋が条件に合う買主を見つけていたとしても「うち以外では契約させない」と無視してしまう問題です。

他の不動産会社との媒介契約の締結および自分で見つけた買主との取引ができなくなる。

一方で専属専任媒介契約を締結した不動産会社の売却に対する本気度は高まる。

契約名 特徴
一般媒介契約 複数の不動産会社に売却依頼をしても、自分で見つけた買主と取引してもOK。
その分、締結会社の本気度は低くなる恐れがある。
専任媒介契約 他の不動産会社との媒介契約の締結ができなくなる。
不動産会社同士の競争を心配せずに売却に取り組むことができるため、締結会社の本気度は高くなる。
専属専任媒介契約 他の不動産会社との媒介契約の締結および自分で見つけた買主との取引ができなくなる。
一方で専属専任媒介契約を締結した不動産会社の売却に対する本気度は高まる。

以上の公式に反した「一番やってはいけないこと」をお伝えします。

注意
大手志向の方へ

高値で売却したい時に、複数の大手不動産会社に一般媒介で依頼するのは危険です!

なぜ危険なのか?

それは、売りにくい物件として放置されるからです。

一般媒介のメリットの競争原理が発生するのは、売りやすい物件です。
売りにくい物件(高値)では、一般媒介のデメリットである不動産会社の努力義務(流通機構(レインズ)への登録、売主への活動報告)の免除が効いてきます。つまり何もしなくても問題ないのです。

そして、一般媒介では、不動産会社がいくら努力しても他社のルートで契約が成立すると手数料はゼロというリスクがありますので、不動産会社同士で相互に牽制しあう状態になります。

例えば、売主さんに相談して少し価格を引き下げてもらうと売れる可能性がある場合に、自社が頑張って説得しても価格が下がった途端に他社に契約を持っていかれると水の泡なので、どの会社も説得しないといった現象です。

このような現象は、どの不動産会社でもおきる現象ですが、大手不動産会社では顕著に起きます。大手不動産会社は上場企業が多く、決算予測を公表していますので売上目標達成圧力が強いです。そのため仲介現場では、売りやすい物件、専任物件が優先されるからです。

まだ一社でも地場中小の会社が一般媒介に加わっていると、大手への対抗意識と中小特有の柔軟な対応が期待できます。

例えば、自社のルートで契約が成立するよう買主を仲介してくれた会社にインセンティブを付ける(キックバック)事を約束して、流通機構(レインズ)に登録したり、自社人脈を使って一般媒介物件の情報を流したりすることがあります。

いずれにしても「高く売りたい場合」は、一般媒介は避けた方が良いです。

不動産一括査定サイトのタウンライフ不動産売買 まとめ

今回は不動産会社一括査定サイトであるタウンライフ 不動産売買について紹介しました。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

以下はタウンライフ 不動産売買の特徴のまとめです。

「タウンライフ 不動産売買」の特徴まとめ
魅力(メリット・強み)

  • 300社が幅広い不動産会社を査定
  • 独自の相談サービスを展開している
  • 査定結果をメール・郵送・FAXで受取可能

マイナス要因(デメリット)

  • 営業の電話およびメールが多い
  • 登録会社数が十分とは言えない

そして、タウンライフ 不動産売買の評価です。

タウンライフ 不動産売買の評価
サービス名の知名度
(3.5)
査定可能な不動産の幅
(3.5)
口コミ・評判
(3.0)
査定までの時間
(4.0)
査定後のサポート
(5.0)
総合評価
(3.5)

営業が多いという煩わしさこそありますが、独自の相談サービスがあり、査定結果をメール以外の方法で受け取ることができる点は個性的で面白いです。
登録会社数がは300社と少なめですが、地方でも査定数が多く出る場合もあるようで使ってみる価値はあります。他の一括査定サイトで思うような結果が出ないときに試してみてください。

以上のように、タウンライフ 不動産売買は営業電話およびメールの多さにさえ目をつむることができるならば、比較的使いやすい一括査定サイトです。また相談サービスがあるため、初心者にも優しいシステムとなっています。

他の一括査定サイトとの併用も検討しつつ、個性を使いこなす形で利用していきましょう。

The following two tabs change content below.

坂田

都内在住専業ライター。法科大学院を卒業し、上場企業で不動産を含む不動産取得・投資活動に関わった後に専業ライターへ転身。